子供好きの方にとって、保育士は憧れの職業。当サイトはこれから保育士を目指す皆さんに、保育士の基本情報や保育士の資格・試験情報に加え、保育士からのステップアップや、イギリスの国家職業資格について徹底解説します。保育士になりたいと確固たる意志をお持ちの方は、ぜひ当サイトをご活用下さい。

保育士について

保育士は0歳~6歳までの幼児を対象とした、保育所や児童福祉施設などで保育する人を言います。昔から子供好きな方には憧れの職業であり、女子学生がなりたい職業ランキングでは、必ずと言っていいほど上位にランクインしている職業です。

保育士になるためには?

保育士になるためには、保育士養成施設で保育士課程を履修する、専門スクールや通信教育で保育士講座を受講するの2パターンあります。保育士養成施設は、およそ2~4年の期間をかけて保育に関する講義を学び、必要な必須科目を履修しておくと卒業時点で保育士の資格が付与されることになっています。時間がかかる事がデメリットです。それと比較し専門スクールや通信教育では、自分のペースを決めることが可能であり、全9科目と実技試験を3年間かけて合格を目指すこともできます。また、1年で合格取得狙えるメリットもあります。

知っておきたい4つのポイント

保育士の資格取得費用等、保育士になる準備について

保育士になるためには何から始めなければいけないのか、その手順についてお伝えします。

詳しくはこちら

保育士の試験

保育士の試験には多くの科目があることをご存知でしょうか?ここでは試験の概要をお伝えします。

詳しくはこちら

保育士の仕事内容と年収

実際に保育士が行う仕事内容や年収はいくらなのか、本人の前で聞きづらい部分も合わせてお伝えします。

詳しくはこちら

現場の声

実際に保育所で働く保育士の生の声を集めました。実際の保育所の内情部分についてお伝えします。

詳しくはこちら

当サイトおすすめの保育関連資格
「イギリス国家職業基準資格と連動したチャイルドマインダー」

イギリスのチャイルドマインダーとは?

保育士やベビーシッター以外にも、近年チャイルドマインダーの存在が浮き彫りとなっています。
チャイルドマインダーはイギリス発祥の家庭的保育のプロフェッショナルです。主に0歳~12歳までの児童を対象に、最大5人までの子供を預かることができます。基本的にチャイルドマインダー個人の家で保育するケースがほとんどですが、自治体や民間からの依頼で指定された施設に出向くなど、働き方に制限がないことが特徴です。さらに、保育士の資格と比べてチャイルドマインダーの資格は比較的取りやすいので、主婦や若者の間で注目されている職業なのです。

詳細はこちら

チャイルドマインダーの仕事内容は?

チャイルドマインダーの仕事内容は、基本的に保育士の仕事とほとんど変わりません。ただし、あらかじめ保護者から子供の教育方針に基づいて子供を保育する決まりがあります。そのため、自分本位で子供に接してはいけないなど、多少の制約が課せられることになります。

詳細はこちら

チャイルドマインダー
ランキング